iPhone3.0に期待★

iPhone3.0で日本のケータイ文化にも順応か?

iPhone値下げされて購入している方も多いようですね。

実際iPhoneに興味がある人は多いし

私の周りにも数人持ってます。

やっぱりね、馴染めない人はいると思う。

iPhone難しすぎ、と2chで泣いてる人もいましたしww

日本のケータイがスペック高いのは事実だし

色々な多機能を詰めこむことによって

ユーザーのニーズも多様化してしまってるし。

実際のところ、

アメリカでは通話とSMSが携帯コミュニケーションの主流で

日本ではMMS(E-mail)が主流。という違いは大きいと思う。

「今日飲みに行かない?」

ということを何で友人に伝えるか。

ちょっと考えてみてほしい。

職種や人によって全然違うと思うが

多くの日本人が取る行動は

携帯のメールでCCに誘いたい友人を入れて送信。

ビールの絵文字くらい入れるだろうね。

あとはmixiとかツイッターとか

仲間がチェックしてそうなトコに投稿。

女子高生ならリアル(?)w 

(飲めないからカラオケとかでしょうけど)

きっとアメリカ人はそうしないんだと思う。

SMSなのかな?

iPhoneのSMSは会話ごとにチャット風に表示されて

誰となんの話をしてたか分かりやすいし非常に使いやすい。

その上キャリアが違くても送信できるらしい。

もし日本でもSMSがキャリア関係なく送れれば

E-mailはPCライクでよかったわけです。

しかし電話番号で送るメールが

同キャリア間でしか送れない日本では

携帯でもPCでも見れるE-mailがコミュニケーションの主流です。

もしジョブズが日本人みたいに携帯のE-mailを使ってたなら

iPhoneメーラーにはスマートメールボックスやら

差出人を連絡先に登録だとか

せめてメール作成画面からの写真添付はつけただろう。

SMSは他のアプリを使っていても

割り込んでポップアップで表示される。

優先順位が高いのだ。

着信>SMS>実行中アプリ>E-mail

となっているわけだが

日本の携帯文化では

着信>SMS&MMS(E-mail)>実行中アプリ

となり、さらにメール作成中に着信があった場合には

作成中のメールは保存されているべきだし

他のアプリケーションはマルチタスクとして

受信メールを確認し、また戻るということができなければならない。

*@i.softbank.jpのメール着信お知らせ画面の正体は

 SMSだと思っていい。だからアプリに割り込める。

 SMSを受信するのと同じなので100通も受信すればバッテリーも減る。

私もそうだけど一日の半分をPCの前で過ごす人間には

携帯の高機能なんてもっさりにイライラするだけだし

できればPCの環境をそのまま持ってきたい。無理だけどw

PCの前にいて携帯でメール作成なんてめんどくさい。

だからiPhoneとPCとでGmailを共有しているのは

非常に便利な環境。

普通の携帯に戻りたい、とは思わない。

さて、3.0の話ですが

なによりもコピペ。大歓迎です。待ち遠しい。

写真の複数添付もうれしい。

色々なアプリの通知もできるらしいので

これならメッセンジャーも常時できますね。

ドックが解放されたということは

本当にオサイフケータイ風ケースもできるかもね?

メールの横画面表示も地味にうれしい。

HTMLメールなんか見やすくなるよね。

そして、きっと新型が出ますね。

iPhoneに対するネガティブなイメージ払拭できそう。

アップデートで(ry 

というのはPCにあまり触れていない人にはピンとこないみたいですしww

PCやmacがないと使えない、というのは日本では足かせになってますね。

iPhone単体でもOK。ただしPCやmacがあればもっと便利。

というのが理想でしょう。

iTunesのアカウント取得や@i.softbank.jpの設定

OSアップデートに音楽&アプリの購入。

これがすべて単体できればとっても素敵な音楽ケータイです。

あと、オンラインバックアップサービス。

普通に家のmacに最後に繋いだ状態がバックアップされてる

というのはとても安心感があるのですが

家にPCがなかったらやばいですね。

オンラインで電話帳やらバックアップできるサービスを

ソフトバンクがやったらいいんじゃないかな。

それくらいやればもうちょっと売れると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
hiromiをフォローする
グニグニっとしてポイ

コメント

タイトルとURLをコピーしました